一人暮らしを経験して

一人暮らしを経験して思った事は、一人暮らしは自由だからこそルールが必要だって事です。 実家に居れば、少々すさんだ生活をしていても、母親が洗濯・掃除・お料理をしてくれて、 暖かいお風呂を用意してくれて、ふかふかに干されたお布団で眠れます。 そんな恵まれた環境だと、ちょっとくらいの疲れなんか、問題無く癒されるんですよね。

でも、一人暮らしですさんだ生活を送ってしまうと…、すさんだ自分は自分をケアしてくれないんです。 料理をしなかったら栄養は偏り、シャワーばかりの毎日だと疲れも抜けません、 お布団もなんだかジメジメして、洗濯物はたまっていく、 部屋も散らかっていて全くリラックスできない、油断すると本当にこんな生活になっちゃうんです。 しかも、一人暮らしですから、誰も突っ込みを入れてくれません。

こんな生活をしていては仕事も学校も恋愛も絶対充実しないと思いました。 ですので、私の場合は実家に居る頃よりも、引越し後の方が、 健康にも掃除にも気をつけるようになりました。時間に対してもそうです。 前は終電で帰ろうと思っていたような事も一人暮らしなんだし無用心だから、 少し早めに帰ろうと思うんですよね。

もちろん、一人暮らしには自由も沢山あります。部屋全ては自分だけの小さなお城ですから。 でもそのお城に住むお姫様役も執事役も自分がしないと、お城は保たれないんですよね。 でも、そうやって自分で生活を保って行く事って凄く楽しい事だと思います。